OEM製造のメリットとは?

はじめに

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。Nolemです。

 

OEM製造については、「ペットフードのOEM製造だってもちろんあります。その概要とは?」にて少しお話をさせていただきました。

 

OEMは、Original Equipment Manufacturing(オリジナル エクイップメント マニュファクチユアリング)の略称であり、企業が自身の製品の製造を、他社製造企業に委託することを指します。

 

しかし、この製造方法には一体どんなメリットがあるのでしょうか。今回は、受注する側と製造側の立場からみた、OEM製造のメリットについて少しお話をさせていただきます。

 

受注する側のメリット

OEM製造とは、他社ブランドの製品を自社で製造することです。受注する側は、それに伴い自身のブランドの設計図、組み立て方法などのノウハウを提供します。OEM製造では、ODM製造と違い、製造企業が自身の技術ノウハウを取り入れたり、製品の企画を行ったりということはありません。受注する側の、ノウハウに沿って製造をすすめていきます。企業によっては、受注する側が自ら技術指導などを行うケースもあります。

 

受注する側のメリットには、まず製造コストの削減が挙げられます。いくら魅力的な製品を開発しても、生産がまったく追いつかなければ、利益はあがりません。自社で必要な工場や設備を購入し、製造体制を整えるよりも、他の企業に委託した方がコスト面でもメリットがあります。

 

また、製造に関するプロセスを一任できるため、その分の人件費の削減や、新製品の開発やマーケティングなど、その他の業務に割ける時間が増える、というメリットもあります。

 

製造する側のメリット

主に、製造する側のメリットとしては、自身が持つ設備や生産性を最大限に活かせる、という点があります。また、自身で製品をアピールしたり、販売経路を開拓する力が弱い場合でも、そういったことを気にせず製造にのみ集中することができるので、安心して技術力を磨いていくことができます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。一見すると、何の為にやっているのか?と疑問に思われるかもしれませんが、実は受注する側にも、製造側にもそれぞれメリットがあるのです。

 

また、双方に利点があるだけではなく、信頼関係がないと成り立たない関係でもありますね。
どんな業界や企業が、OEM製造を行っているのか、調べてみるのも面白いかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です