ODM製造とは?OEM製造との違い

はじめに

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。Nolemです。

 

以前に、OEM製造について少しご紹介をさせていただきました。今回の記事では、OEM製造とはまた違った製造方法である、ODM製造についてお話しをさせていただきます。

 

実は、この2つ、言葉は似ていますが意味は全く異なります。ざっくり説明すると、依頼を受けた側が、どこまで製造プロセスに関わってくるのか、という点で違いがあるのです。

 

それでは、もう少し詳しくODM製造について、見ていきましょう。

 

ODMについて

ODMとは、Original Design Manufacturingの略語です。言葉から推察できるように、製品の製品開発・設計を行い、製造を行う企業を指します。製品を販売する際には、OEM製造と同様、委託された企業のブランドにて販売がされます。この点では、OEM製造と同じですね。

 

しかし、ODM製造では、Designとの言葉もあるように、商品の企画までも委託された企業側で行います。つまり、OEMと比べると、製造する側が介入するプロセスがより多くなってきます。

 

ODMの特徴

では、ODM製造では具体的にどのようなプロセスで、販売にまで至るのでしょうか。

 

ODMで製造された製品は、販売される時には他社のブランド名ですが、製造のノウハウは製造者独自の物です。言い換えれば、受注する側は特に専門的な製造知識や、プランは必要ありません。製造者に、企画・開発・製造までを一任できるのです。

 

企業にもよりますが、ケースによっては「私たちは、こんな技術を持っていますよ」、と自身でODM製造を提案してくれる企業もいます。受注する側からしたら、特定の分野に対する知識があまりない場合でも、自身のブランドで製品を売り出せるわけですから、かなりのメリットがあります。

 

また、受注のケースも企業によっては様々です。受注する側が、「こんな製品が造りたい」というコンセプトを提案し、製造側がそれに沿ってデザインなどを決めていくケースもあります。また、製造者側が、受注者の希望を細かく聞きながら、その企業独自の強みや市場の動きを視野に入れながら、どういった製品を造るのか一緒に考えていくケースもあります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
製品のロゴと製造元の記載が違う、ということはよくあるかと思うのですが、今後から少し気を付けてパッケージを見てみると、面白いかもしれません。

 

ODM製造の、受注する側と受ける側のメリットについてはまた別の記事にて、お話をさせていただこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です