ペットフードのOEM製造だってもちろんあります。その概要とは?

はじめに

OEM製造といえば、製造業界の方からすれば聞き慣れた言葉だと思います。

ペット業界、とりわけペットフードの製造においてもOEMの仕組みはもちろん存在してるのです。

今回は、その概要をご説明します。

 

そもそも『OEM』とは?

OEMとは、

Original Equipment Manufacturing(オリジナル エクイップメント マニュファクチユアリング)

の略称であり、日本語で訳するならば『納入先(委託者)商標による受託製造』となります。

 

詳しくは ”そもそもOEM製造って何?その仕組みとは” の記事にて詳しく書いています。

 

ペットフードの場合は?

実は特に変わったことはありません。

他のOEMと違うポイントがあるとすれば、それはペットが食べてはいけない食材を使用しない点ぐらいです。

基本的には何もややこしいポイントはないので、気軽に新商品を開発・製造することができます。

 

工場の開設申請も、人間用の食品工場を作る時とは違い、簡単な手続きで開始できます。

逆をいえば、行政のチェックはあまり機能していません。

そのため、ペトフードの工場の見極めはその運営企業の透明性や広報への姿勢、発信力が重要な判断指針の一つとなります。

 

最後に

ペットフード工場、そしてそのOEM製造と一口に言ってもピンキリです。

もし新商品の開発や新規製造委託をお考えの際は、業界関係者やOEM代行・企画会社などにまずは相談することをお勧めします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です